早め早めの対処を

そもそもトイレはなぜつまってしまうのでしょうか?それは、トイレ自体の作りにあります。トイレには通常、水たまりを作るために「せき」がという場所があります。このせきが、一番つまりやすい場所なのです。

トイレ溶けにくいものがせきに蓄積されていったり、異物を流したりしてしまったとき、このせきに引っかかってしまいます。携帯電話やスマートフォンなどの異物を流してしまった場合、せきに引っかかっている可能性が高いため、手を突っ込んでなるべく早めに取りましょう。せきよりも奥に流れてしまうと自分ではとれないため、専門業者に来てもらう必要があります。専門業者は、連絡すると30分以内に駆けつけてくれる業者もあります。そのくらい、トイレのつまりはつまってからなるべく早めの対処が大切なのです。

絶対にやめてほしいのは、つまったトイレをそのまま放置することです。時間を置けばそのうち溶けて流れるだろうという考えはやめてください。つまった状態でトイレを使用するとますます症状は悪化します。業者を呼ぶことすら恥ずかしくなるくらい汚物がいっぱいになってしまう可能性や、マンションやアパートの場合下の階の家に水漏れしてしまう可能性があるのです。トラブルの原因にもなりかねないので、トイレのつまりに気づいたら直ちに適切な対処をしましょう。

トイレのつまりの対処法

トイレのつまりの原因がわかったら、なるべく早めに対処しましょう。症状が軽ければ、道具なしでできる場合もあります。また症状が重ければ重いほど、専用の道具が必要になったり専門業者を呼んだりしなければいけなくなってしまいます。

お湯まずはトイレのつまりの原因が大量のトイレットペーパーやティッシュペーパーだった場合、用意するのは40度から60度くらいのお湯です。お湯を流すことによってトイレットペーパーやティッシュペーパーをふやかして流れやすくするという考えです。お湯ならすぐに用意できますし、この対処法は覚えておくと便利かもしれません。しかし、お湯でふやけない異物などが流れてしまった場合は、お湯を流してしまうとさらにつまりの原因となってしまうので絶対に流さないでください。また、つまりを溶かすためにお湯に加えてお酢と重曹を使う対処法もあります。最初に重曹を便器内に振りかけ、次にお酢をふりかけます。そして、お湯を便器の半分の水位になるまでいれます。この対処法は、いれる順番が大切なので、重曹、お酢、お湯という順番を必ず守ってください。

次に、トイレのつまりが中度より重かった場合、ラバーカップを使用して対処しましょう。ラバーカップにも種類があるため、自宅のトイレに合ったラバーカップを用意してください。ラバーカップを使うとき、まずは排水口とラバーカップが平行になるように先端部分をくっつけます。そしてラバーカップをゆっくりと徐々に押し込んでいきます。もう押し込めないほどくっつけたら、勢いよく一気に引きます。これを何度か行うことで、つまりがなくなった感覚になったりゴボゴボと音がしたりします。ラバーカップを使う上での注意点は、「押すものではなく引くもの」ということです。ラバーカップは、勢いよく引っ張ることでつまりを解消できます。そのことを忘れないようにしましょう。

お湯や重曹を使ったり、ラバーカップを使ってみたりしてもどうしてもつまりが解消できない場合は、専門業者に連絡してきてもらってください。

症状別つまりの原因

トイレがなぜつまってしまうのかわかっても、いざトイレがつまると原因を特定するのは難しいかと思います。しかし、トイレがつまったときの症状で原因が予測できるのです。

猫まずは、流した水が溜まってしまっても徐々に流れて水が引いていく場合、トイレのつまりはまだ軽度と言えます。この場合、大量のトイレットペーパーや紙類、また便や尿石などが原因の可能性が高いです。また、水が逆流した場合や、「ゴボッ」という音がした場合は、トイレに流せる商品や猫砂が原因の可能性が高くなります。特に猫砂は水を吸収すると膨張してしまうため、つまりの原因になりやすいです。この場合、トイレのつまりは中度といえます。そして完全に水が流れなかった場合や、便器から水が溢れ出てしまった場合はトイレのつまりは重度です。トイレの水の引きが悪いのに水を流し続けるとこのような症状になってしまいます。原因としては、大量のトイレットペーパーが固まってしまった、溶け残りや流れ残りが蓄積されてしまった、固形物が完全に排水管を塞いでしまったなどが挙げられます。

トイレのつまりは、なるべく軽度の段階で早めの対処が必要です。重度のトイレのつまりにならないためにも、水の引きが悪いと感じたら何度も流すことは避け、原因を探ってみましょう。

トイレのつまりの原因

家でトイレがつまって困った経験はありませんか?実際にトイレのつまりが起こると、原因がわからなかったりどう対処していいかわからなかったりして困惑してしまいます。ここでは、トイレがつまってしまったときに落ち着いて対処できるよう、つまりの原因や対処法についてご紹介します。

トイレットペーパー詰まりの原因はいくつかありますが、その代表例を挙げていきます。まずは、大量のトイレットペーパーやティッシュペーパーによる詰まりです。トイレットペーパーは水に溶けやすい性質でできているためトイレに流せるのですが、量が多くなって密度が高くなると溶けにくくなってしまいます。またティッシュペーパーも、一見流れるように思えますが、水に溶けやすい性質でできていないため、つまりの原因になってしまうのです。また、「水に流せる」と表記があるお掃除シートや猫砂、便器を掃除してそのまま流せるものなども注意が必要です。基本的に、トイレットペーパーよりも流れやすいものはないと思ってください。どんなに水に流せると書いてあっても、量が多かったり頻度が高かったりするとつまりの原因になってしまいます。水に流せるものでもつまりの原因になるのですから、異物を流してしまうともちろんつまりの原因になります。よくあるのが、携帯電話やスマートフォンです。誤ってトイレに落としてしまった場合はすぐに取り出しましょう。そして、吐いたものや食品の残りなどを流すこともよくあるかと思います。しかしこのようなものも異物です。特に脂っぽいものは排水管にへばりついてしまうので、流さないようにしてください。