早め早めの対処を

そもそもトイレはなぜつまってしまうのでしょうか?それは、トイレ自体の作りにあります。トイレには通常、水たまりを作るために「せき」がという場所があります。このせきが、一番つまりやすい場所なのです。

トイレ溶けにくいものがせきに蓄積されていったり、異物を流したりしてしまったとき、このせきに引っかかってしまいます。携帯電話やスマートフォンなどの異物を流してしまった場合、せきに引っかかっている可能性が高いため、手を突っ込んでなるべく早めに取りましょう。せきよりも奥に流れてしまうと自分ではとれないため、専門業者に来てもらう必要があります。専門業者は、連絡すると30分以内に駆けつけてくれる業者もあります。そのくらい、トイレのつまりはつまってからなるべく早めの対処が大切なのです。

絶対にやめてほしいのは、つまったトイレをそのまま放置することです。時間を置けばそのうち溶けて流れるだろうという考えはやめてください。つまった状態でトイレを使用するとますます症状は悪化します。業者を呼ぶことすら恥ずかしくなるくらい汚物がいっぱいになってしまう可能性や、マンションやアパートの場合下の階の家に水漏れしてしまう可能性があるのです。トラブルの原因にもなりかねないので、トイレのつまりに気づいたら直ちに適切な対処をしましょう。