症状別つまりの原因

トイレがなぜつまってしまうのかわかっても、いざトイレがつまると原因を特定するのは難しいかと思います。しかし、トイレがつまったときの症状で原因が予測できるのです。

猫まずは、流した水が溜まってしまっても徐々に流れて水が引いていく場合、トイレのつまりはまだ軽度と言えます。この場合、大量のトイレットペーパーや紙類、また便や尿石などが原因の可能性が高いです。また、水が逆流した場合や、「ゴボッ」という音がした場合は、トイレに流せる商品や猫砂が原因の可能性が高くなります。特に猫砂は水を吸収すると膨張してしまうため、つまりの原因になりやすいです。この場合、トイレのつまりは中度といえます。そして完全に水が流れなかった場合や、便器から水が溢れ出てしまった場合はトイレのつまりは重度です。トイレの水の引きが悪いのに水を流し続けるとこのような症状になってしまいます。原因としては、大量のトイレットペーパーが固まってしまった、溶け残りや流れ残りが蓄積されてしまった、固形物が完全に排水管を塞いでしまったなどが挙げられます。

トイレのつまりは、なるべく軽度の段階で早めの対処が必要です。重度のトイレのつまりにならないためにも、水の引きが悪いと感じたら何度も流すことは避け、原因を探ってみましょう。