トイレのつまりの対処法

トイレのつまりの原因がわかったら、なるべく早めに対処しましょう。症状が軽ければ、道具なしでできる場合もあります。また症状が重ければ重いほど、専用の道具が必要になったり専門業者を呼んだりしなければいけなくなってしまいます。

お湯まずはトイレのつまりの原因が大量のトイレットペーパーやティッシュペーパーだった場合、用意するのは40度から60度くらいのお湯です。お湯を流すことによってトイレットペーパーやティッシュペーパーをふやかして流れやすくするという考えです。お湯ならすぐに用意できますし、この対処法は覚えておくと便利かもしれません。しかし、お湯でふやけない異物などが流れてしまった場合は、お湯を流してしまうとさらにつまりの原因となってしまうので絶対に流さないでください。また、つまりを溶かすためにお湯に加えてお酢と重曹を使う対処法もあります。最初に重曹を便器内に振りかけ、次にお酢をふりかけます。そして、お湯を便器の半分の水位になるまでいれます。この対処法は、いれる順番が大切なので、重曹、お酢、お湯という順番を必ず守ってください。

次に、トイレのつまりが中度より重かった場合、ラバーカップを使用して対処しましょう。ラバーカップにも種類があるため、自宅のトイレに合ったラバーカップを用意してください。ラバーカップを使うとき、まずは排水口とラバーカップが平行になるように先端部分をくっつけます。そしてラバーカップをゆっくりと徐々に押し込んでいきます。もう押し込めないほどくっつけたら、勢いよく一気に引きます。これを何度か行うことで、つまりがなくなった感覚になったりゴボゴボと音がしたりします。ラバーカップを使う上での注意点は、「押すものではなく引くもの」ということです。ラバーカップは、勢いよく引っ張ることでつまりを解消できます。そのことを忘れないようにしましょう。

お湯や重曹を使ったり、ラバーカップを使ってみたりしてもどうしてもつまりが解消できない場合は、専門業者に連絡してきてもらってください。